江戸川区松江の同潤会医院|内科・外科・整形外科

診療案内

内科

聴診器

内科では、かぜの諸症状、ぜんそく、生活習慣病などをはじめ、内科領域の病気を幅広く診ています。設備面では、レントゲン(エックス線)、超音波、CT、心電計、加速度脈波計(血管年齢の計測)など、各種検査が行える機器を導入しています。そのため、脳や胸部をはじめとした全身の検査が可能です。
治療としては、投薬だけでなく、食事や運動といった生活指導にも力を入れています。なお、当院で対応が難しい治療や手術が必要な場合は、対応可能な医療機関へとご案内いたします。原因がわからない体調不良でも、ぜひ一度ご相談にいらしてください。

外科

包帯

外科では、切り傷、擦り傷、やけど、打撲など、日常的生活の中で起こるケガの処置を幅広く行っています。具体的には、消毒、ガーゼによる処置、塗り薬の処方、傷の縫合、化膿(かのう)した箇所の膿の排出などに対応しています。縫合をした場合は、1週間後に来院していただき、抜糸を行います。
「包丁で手を切った」「階段でつまずいた」「針が刺さった」といったことでお困りの際には、いつでもご相談にいらしてください。もし、手術など、当院で対応できないような処置が必要な場合でも、対応可能な医療機関へと速やかにご案内できる体制が整っています。

整形外科

リハビリ

整形外科では、主に腰や肩、膝などをはじめ、全身の痛みに対する診療を行っています。「肩こりや膝痛が慢性化している」「重いものを持ち上げた時に腰を痛めた」といったことでお悩みの場合は、いつでもご相談にいらしてください。
診察ではまず、ていねいに問診した上で、レントゲン(エックス線)などで痛みの原因を探ります。治療は、患者さんの症状やご要望に合わせて、投薬や注射のほか、高周波・低周波の電気治療なども組み合わせています。なお、通勤中に交通事故に遭った場合などの労災認定についても対応可能です。
また、骨粗しょう症の診療も行っています。女性は、閉経後にホルモンバランスが変わります。その影響で、発症リスクが高まるともいわれています。そのため、60歳を超えたら、一度は骨密度検査を受診することを提案しています。